« 貨幣博物館 | トップページ | これって!マジッ »

注目の日本銀行

 

話題沸騰の日本銀行です
          (所在地:東京都中央区日本橋本石町2-1-1)

 

何しに行ったの・・・・むろん日本の金融政策について

黒田日銀新総裁と意見交換でしょうhappy01

1p1000758

 

↑ 日本の中央銀行 日本銀行 本店本館ですbank

  日銀本店本館は、ご存知の様に上空から見ると  “ 円 ”の字に見えます

  手前の建物は “ 円 ” の左足部になります

現在は、左後方の高層ビルに移っています

本館は明治29年に建てられ、100年も使用されたそうで、

今は重要文化財に指定され、内部を見学することができます

但し、当然のこと セキュリティは厳重sign03

 

↓ 右が正面建物で、奥のビルが新館になります

  先ずは入り口で守衛さんから予約のチェックを受けます

21p10007782p1000792 

 

 

↓ 中庭に入りました

   さすがに、重厚で古い建造物です

   画像中央部が正面入り口になります

3p1000794
                                             

↓ 左正面入り口から入ると、入館予約&身分証明(免許証etc)の確認

  そして、空港同様手荷物検査や金属探知機検査機を通ります

41p1000789_24p1000796

 

           ↑ 右 正面入り口横の、古い照明灯

 

↓ 古い照明灯とセンサーやカメラが設置されています

5p1000798

 

↓ 左 古いものを見つけ撮影、後に説明で知りました   

   輸送用の馬が水を飲むところです 右上に止水ハンドルが付いています

↓ 右 上図アーチ型扉の上についている日銀マーク
                                       

61p10007906p1000797

 

 

 

↓ いよいよ地下の金庫室です

  しかし、中庭より先は例によって一切の撮影は厳禁weep

マナーは厳守、そこで以下の画像3枚はパンフレットをコピー

 

↓ この金庫扉は庫内拡張時の昭和7年に設置されたアメリカ製です

7img_6696

                                          
↓ 扉を開いたところです

  現物は流石に大きく、重厚に見えます

   扉の厚さ90cm 重量は25t
8img_6692_3

 

 

8img_6695_2

上の金庫から、突当りの壁までが金庫内部になります

総面積は 1、426㎡ になります

間に開いている扉は、日銀完成時からの金庫扉でイギリス製と記憶しています

手狭になり、昭和7年金庫室を拡張

外金庫として上のアメリカ製になりました

 

画像にはありませんが、通路左右に鉄格子の大きな部屋があります

 

そこには、山の様に円・円・円の山々がコンテナの上に載っていました

まるで円の倉庫です

・・・・無論レプリカですがhappy02

 

↓ お土産に頂きましたhappy01

  何かお分かりになりますか・・・・そうです

ここは日本の中央銀行dollardollardollar・・・ですから

お土産も豪勢にお札で~すmoneybag moneybag moneybag

P1000805
                                          

長さ10mm 幅1,5mmに裁断されています

相棒はパズル大好き・・・・勿論チャレンジupと思ったら

 

案内嬢が

『数種類の券種が入っていますので、

      使用できるお札にはできませんbleah・・・絶対に』 だってdownweep

P1000807P1000810

 

P1000812
                                  

生憎、黒田総裁はG20に出席・・・留守でした・・・・なぬぅぅぅangry

私が行くことを秘書が伝え忘れたようで・・・・weep

仕方ない・・・・よく働いているようだから・・・・許してやるかbleah                      

 

さあ~次はどこへ行こうかな~happy01

では、またお越し下さい

 

≪参考≫

 見学方法 :http://www.boj.or.jp/ へアクセス(貨幣博物館共通)

 
        ⇒窓口・手続き ⇒見学の申し込み へとお進みください

« 貨幣博物館 | トップページ | これって!マジッ »

コメント

以前は議事堂などにもお出かけでしたね。
意外な所に出没されます。
円の形になっているとは冗談のよう。
お土産にも笑ってしまいました。面白い!
これだけで何枚分になるのでしょうね。

投稿: tona | 2013年4月24日 (水) 21時51分

tonaさま
冗談のよう>でなく、上空からみると本当に円の形に建てられていますよ
意外な所>我が家はお金のかからない行楽が好きです
交通費は一人片道490円で着きます
入場料はタダbleah
ただ~昼食に、日本橋天松で天ぷらを・・・happy01

投稿: OB神戸家 | 2013年4月25日 (木) 08時35分

日本銀行の「円」は高速道路からみたことがあります
でも中を見学できるなんて知りませんでした
でも場所が場所だけにチェックは厳重そうですね
地下の金庫のものものしさもさすがと言うほかありません
金庫破りの名人が見たら開けてみたくなるでしょうか(^_^;)
黒田総裁が留守で残念でした
金融緩和策成功して欲しいですね
失敗したらと思うとぞっとします

投稿: ビオラ | 2013年4月25日 (木) 21時21分

ビオラさま
チェックは厳重>金属探知機にひっ掛っちゃいました
ポケットに入れたペンかバンドのバックルの様で・・・
金庫室は、パンフ画像ですので小さく見えますが、現物はかなりのものです
事前予約して、是非ご覧下さい

投稿: OB神戸家 | 2013年4月26日 (金) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517549/57218066

この記事へのトラックバック一覧です: 注目の日本銀行:

« 貨幣博物館 | トップページ | これって!マジッ »