« なでしこジャパンの功績 | トップページ | B級ランチグルメ IN お茶ノ水 »

湯島聖堂 孔子廟

 

孔子をお祀りしている湯島聖堂
   (所在地:東京都文京区湯島1-4-25)

受験生諸君におすすめup

受験の湯島天神にも近く、東京の隠れた名所をご案内しま~す

以外にもお茶ノ水駅から直ぐ近くにあります

近くには東京医科歯科大・順天堂大など多くの教育機関があります

 

では、一つ目の門
  ↓ 仰高門から入ります

 

1img_3868

 

勉強が大嫌い、神戸家の真逆の偉人

↓ 孔子像です

受験生諸君も是非お参りをhappy01

右下は、孔子像近くの長~い黒塀

21img_38742img_3875  

 

 

 

 

 

2img_3879  

 

 

 

 

 

 

 

↓ 入徳門です

 

3img_3880
                                         

↓ 杏壇門です 入徳門をくぐり先の階段の上、3っ目の門になります

屋根の四隅には角のある動物像が睨んでいます

41img_38824img_3870









             

                                             

↓ 杏壇を入ると豪壮な建物

   孔子廟の大成殿前庭に出ました


                                            

6img_3890

 

↓ 屋根の上からもの凄い形相をした

鬼龍子(きりゅうし)が私達を睨んでいます(http://itafusa.com/

Img_38881

                                      

↓ 屋根の上、左右対称に鬼犾頭(きぎんとう)が・・・・

鯱から上に水を噴き出している・・・・

Img_3894_2
                                           

↓ 聖堂内見取り図(左) と案内文(右)

Photo_2Photo_3  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日に訪れましたが、土・日・祭日は大成殿内にも入れるようです

久し振りに真面目な社会勉強でしたbleah

 

では、またお越し下さい

 

≪ご参考≫

東京都文京区湯島一丁目にある湯島聖堂は、1690年(元禄3年)5代将軍徳川綱吉によって建てられた孔子廟である。
「生類憐れみの令」で知られる綱吉の治世した時代を元禄時代と呼んでいるが、先の将軍家綱による儒学に重きをおいた文治政治をいっそう発展させた時代と言われている。

湯島聖堂は3度の江戸の大火、関東大震災、第2次世界大戦時の空襲によって焼失・改修を繰返して現在に至るが、もともとは1632年(寛永9年)徳川幕府の政治顧問であった林羅山が上野忍が岡(現在の上野公園)に建てた孔子廟「先聖殿」を移築したものである。
綱吉は先聖殿を「大成殿」と改称し、またそれに付属する建物をひっくるめて「聖堂」と総称した。建物全体は朱塗りにして青緑に彩色したと記録に残されている。

羅山が上野忍が岡に開いていた学塾が、その後1797年(寛政9年)に湯島聖堂内に開設された昌平坂学問所(幕府直轄の学問所「昌平黌」)の起こりであると言われている。綱吉は羅山の孫信篤(鳳岡)を大学頭に任じ、信篤の子孫が代々大学頭となり「林家」(りんけ)と称されて文教を司り、儒学・朱子学が大いに盛んになっていった。

1935年(昭和10年)4月4日に、復興聖堂竣工式が行なわれた。(1923年の関東大震災で全焼した為、復興計画が立てられた。)木造であった建物を鉄筋コンクリート造り、大成殿は建物内外を黒色エナメルペイント塗りにし、屋根は入り母屋造り両端に青銅製の鬼狛頭・鬼龍子を置いた。現在、構内に建てられている世界一大きい孔子像は、1975年(昭和50年)に中華民国台北ライオンズクラブから贈られたものである。

孔子・・・春秋時代の中国、魯の国の昌平郷に生まれた。(紀元前551年生~479年没)孔子は混沌とした社会に苦しむ人々を救おうと、人間愛と中心とした教えを説いた。のちになって弟子たちが、孔子の言葉や行動を記録したものが「論語」である。

論語・・・「聖人」と言われた孔子の言行録であり、儒教で一番大切な書物(経書)として重んじられている。内容は「仁(人間愛)」の意義や政治・人生の諸問題を具体的な例をあげながら道徳面から明らかに示したもの。日本には4世紀末ごろ(大和朝廷)伝わり、長い間学問をする人たちの必読書とされてきた。

http://www.ne.jp/asahi/kina/dream/yurai/yusimaseido.htm より抜粋

« なでしこジャパンの功績 | トップページ | B級ランチグルメ IN お茶ノ水 »

コメント

わが子が受験のときには、湯島聖堂と亀戸天神とふたつもお参りしてしまいました。だって私の時は湯島だけで、落ちたweep

投稿: Lisa | 2012年1月30日 (月) 17時23分

こんばんは!
勉強しました~coldsweats01
岡山にも池田の殿様が庶民の教育のために建立した閑谷学校があります。
講堂は国宝ですが、その閑谷学校に孔子を祀った国の重要文化財の『聖廟』があります。
この付近の中学校では14歳の中2を対象に立志式を(昔の元服)行いますが…
国宝の講堂に正座して論語を勉強しますよ!

投稿: とんちゃん | 2012年1月30日 (月) 18時37分

こんばんは
孔子をお祭してある湯島聖堂>??始めて知りました??

屋根の上から睨んでる怖~~~い
受験生には良い所何ですね??

湯島天神のそばなんですか??

今更お勉強も出来ないし行ってみたい所ではありますね!!

投稿: とん子 | 2012年1月30日 (月) 22時03分

Lisaさま
おはようございます
湯島聖堂から、そう遠くないところに菅原道真公を祀っている湯島天神もあります
また、お出かけ下さ~いhappy01

投稿: OB神戸家 | 2012年1月31日 (火) 08時05分

とんちゃんさま
岡山は昔から教育県の様ですね
勉強嫌いの神戸家では育ちませんねsad

中2で元服ですか
昔の風習が残っていて良いところの様ですね~happy01

投稿: OB神戸家 | 2012年1月31日 (火) 08時09分

とん子さま
おはようございます
寒い日が続きますね~catface
暖かくなるまでは、の~んびり日向ぼっこを楽しんでねsun

湯島天神までは、徒歩15分程度かな?

投稿: OB神戸家 | 2012年1月31日 (火) 08時12分

お茶の水はよく降りました。東京医科歯科大学に友人が勤めていたのと入院したこともあるからです。それに神保町の本屋さんへ。
しかし近所の名所のニコライ堂にやっと数年前に行っただけ。湯島の聖堂には行っておりませんでした。
こんなに門がある孔子廟なのですか。屋根から鬼龍子や鬼犾頭が睨んでいて怖い!
ご案内ありがとうございました。
是非寄ってみたいです。

投稿: tona | 2012年1月31日 (火) 09時10分

湯島天神の人ごみに驚きましたが・・・
近くにあるのですか?
へえ~

鬼龍子、鬼犾頭・・・初めてみました。
水・・・ですか~
外国のガーゴイルみたいですね。

投稿: Neko★ | 2012年1月31日 (火) 10時21分

tonaさま
時間が無くって、tonaさんと反対にニコライ堂には行ってません

次の機会には寄ってみたいと思います
国内にも、しかも近くにまだ行ってないところが、沢山あるものですねhappy01

投稿: OB神戸家 | 2012年1月31日 (火) 10時41分

nekoさま
多分、徒歩15分くらいではないですか?
体力&コンパスにもよりますがhappy01

もう、お受験系には用がないでしょ
あっ、そうだ・・・お礼参りして下さいねconfident

投稿: OB神戸家 | 2012年1月31日 (火) 10時46分

こんにちは
湯島聖堂もご利益ありそうですね。

先日息子が甥っ子の為に湯島天神に
お参りしたそうです。

こちらも早く知っていれば教える筈でしたのに・・・
神戸家さんのおかげで知識が増えます。

投稿: くりまま | 2012年1月31日 (火) 14時49分

くりままさま
くりままさんの甥ッ子さんなら、実力だけで神頼みしなくっても楽勝でしょうhappy01

投稿: OB神戸家 | 2012年1月31日 (火) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517549/53844026

この記事へのトラックバック一覧です: 湯島聖堂 孔子廟:

« なでしこジャパンの功績 | トップページ | B級ランチグルメ IN お茶ノ水 »