« 震災その後に・・・・ | トップページ | 世界のばら をあなたに・・ »

財閥の旧豪邸

財閥の豪邸 旧古河庭園です

   
所在地:東京都北区西ヶ原1-27-39
 (最寄駅:京浜東北線上中里駅&山手線駒込駅何れも徒歩約8分)

ここは、結婚当初に住んだアパートから徒歩数分

こんなに良いところでありながら、当初入園料=無料sign03

だからsunの日は、散歩コースで相棒はベビーカーを押し来てました

狭いアパート住まいの我が家の庭happy01

さすが金持ち東京都です (今は150円)

この庭園は、写真の洋館と庭園(特にバラ園)で知られております

今回は、洋館北側から南側への半周をご覧ください

↓ 南側

1p1030149

 

正門になります

バラフェス実施中で、平日でも観光バスが数台道路にずら~り

P1030143
                            

↓ 北東角からの撮影です

右手側が正面車寄せになっています

2p1030147  

↓ 南東角の出窓になります

3p1030190  

↓ 南側 バラ園より

4p1030177

 

↓ 東側より

5p1030188

 

↓ 南側バラ園より(携帯)6201110281529000

洋館の中に別料金で入れるのですが、相棒と懐かしさのあまり庭園を一周

その間に入館時刻が過ぎてしまいました weep

次回は色々なバラの花を掲載します

 

古河庭園HP:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/outline034.html

 

ここ古河庭園より徒歩圏に昨年掲載した、庭園で有名な六義園があります
   (最寄駅:山手線駒込駅徒歩約2分)
六義園ブログ記事
http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=62748087&blog_id=612943

 

では、又お越し下さい

 

興味のある方はdown

<参考資料 HPより抜粋
この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました。尚、この当時の建物は現存していません。
 現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイア コンドル博士(18521920)です。博士は当園以外にも、旧岩崎邸庭園洋館、鹿鳴館、ニコライ堂などを設計し、我が国の建築界に多大な貢献をしました。
 日本庭園の作庭者は、京都の庭師植治こと小川治兵衛(18601933)であり、彼は当園以外にも、山県有朋の京都別邸である無鄰菴、平安神宮神苑、円山公園、南禅寺界隈の財界人の別荘庭園などを作庭し、造園界に多大な貢献をしました。

戦後、国へ所有権が移りましたが、地元の要望などを取り入れて、東京都が国から無償で借り受け、一般公開されました。
 数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例であり、また、現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数少ない重要な事例であるとして、平成18126日に文化財保護法により国の名勝指定を受けました。

開園年月日 昭和31年4月30日
開園面積 30,780.86平方メートル(平成22年5月31日現在)

« 震災その後に・・・・ | トップページ | 世界のばら をあなたに・・ »

コメント

eyeおはようございます!
さ~すが~東京のお屋敷は洒落ていますね~
瀟洒な大正ロマンふうの建物と薔薇のつり合いがいいです~
ご幼少の頃より、このような場所を散策されていたなんて、神戸家のご令嬢たちはさぞかし感性豊かで情緒的で・・・あぁ~ 素晴らしい!
我地方にはありませんね~
入園料が150円?
後楽園でもシニア無料が160円になったのよ!sweat02

投稿: とんちゃん | 2011年10月31日 (月) 08時16分

とんちゃんさま
入園料=シニアは70円で~す
ですが後楽園は野球場・・・あっ、ちがった
日本3名園の一つ・・規模が違います

むしろ安いくらいでは・・・・
水戸黄門さんで有名な、同じ日本3名園の水戸偕楽園は190円ですよhappy01

投稿: OB神戸家 | 2011年10月31日 (月) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517549/53110809

この記事へのトラックバック一覧です: 財閥の旧豪邸:

« 震災その後に・・・・ | トップページ | 世界のばら をあなたに・・ »