« 木曽の旅日記 (興禅寺編) | トップページ | 木曽の旅日記 ( 妻籠宿 編) »

木曽の旅日記 ( 木曽福島街並 編)

長野県 木曽の旅日記

木曽で同窓会ですhappy01 

長野県木曽郡木曽町福島の古き街並ごあんな~い

ひょっとしたら、落武者の出現が・・・・・・

木曽福島は、国道に架かる大きな関所門から・・・eye

1img_1405

画像を小さくしております
説明書などは、画像上でクリックし拡大してご覧下さい 

                                        

木曽福島は、御嶽山などの山が左右に迫り、間を国道(中仙道)と木曽川が流れています

従って平地が少なく、狭い街並みが連なり一部は”崖家造り”と呼ばれる川べりに家が立ち並びます(下左)

そのような中にも、今では見なくなった”なまこ壁”の蔵なども寺門前小路にあり、昔の隆盛を残しています

11img_1426

10img_1432

                                                              

            

       

        

        

                                                      

狭い街並みには、過日(7月19日)ご紹介した木曽義仲公菩提寺の”興禅寺”を初めとして、左下の大通寺鐘楼”木曽福島町文化財)など古い仏閣もあちこちに残っています

また、宿場町の名残か”水場”右)も点在しております9img_1433 4img_1413                       

          
                                                        

                                                     

          

           

                                                     

                                                                                                

江戸幕府、中山道の要となった”福島関所”です

説明書にある様に、ここの関所は代々山村家が代官として絶大なる権力を誇ったそうです

3img_1411

2img_1408

                                                     

               

        

         

        

                                                       

”山村代官屋敷”です 5img_1414               6img_1415                          

         

                                                 

                                                      

          

 
                                                             

左:山村代官の鎧と鞍   右:山村家家来の火消し衣装8img_1425です7img_1422

                         

                               

                                

                              

 
                                                            

                                               

                               

                               

                               
                                                       

この山村代官屋敷の稲荷には、なんと

狐のミイラが祀ってあります

明治3年~4年に屋敷の取り壊しの際、お見櫓下からミイラとして完全な形で発見されたそうです

滅多に見ることのできないものを、特別のお計らいで見せて頂きました

流石に写真撮影は控えさせていただきましたthink

                                  

そして帰宅後の夜 night

お狐様が・・・・

神棚の方を指差しているではありませんか

指差す方を見るとeye ・・・神棚に置いてある3億円の引換券が

なんと・・・光り輝いているではないかbellbellbell

うわっ わっ わっ・・・

                                            

では、またお越し下さい

« 木曽の旅日記 (興禅寺編) | トップページ | 木曽の旅日記 ( 妻籠宿 編) »

コメント

おはようございます
今日も朝から蝉の鳴き声が盛んです。

木曽、中仙道と名前は知っていてもどんなところかまでは
解からない土地が神戸家さんのブログで楽しむ事ができます。

もしかして3億円にご利益があるかも・・・
それにしても狐のミイラってどんな感じでしょう!

投稿: くりまま | 2010年7月22日 (木) 09時31分

くりままさま
おはようございます
今日もメッチャくっちゃ暑いですcoldsweats02

ミイラは、形がそっくりと残っていて今にも動きそうな雰囲気でしたよ
『ああ~ありがたや~ありがたや~』think

投稿: OB神戸家 | 2010年7月22日 (木) 09時48分

3億円は正夢になるかも知れませんね。
そうなったら「ブログなどくそ食らえ!」などと
長期の海外旅行へお出かけになるでしょうね。

歴史ある町並みなど興味深く
拝見させていただきました。

投稿: どんこ | 2010年7月22日 (木) 14時06分

どんこさま
三億円が入っても、神戸家は多分海外ではなく国内旅行でしょう
日本が好きですからhappy01

投稿: OB神戸家 | 2010年7月22日 (木) 15時21分

こんにちは~note

木曽にはいい所があるんですね~
妻籠・馬籠に行ったと思うのですがね~
昔の事で・・・weep
ブログにお邪魔し、楽しませてもらっています。

素敵な「木曽路の女」に出会えましたか?
うなじの美しい・・・フフ

この暑さを忘れる為にはやっぱり3億円!
その節はくれぐれもよろしく~ 2礼 2拍手 一礼

投稿: とんちゃん | 2010年7月22日 (木) 18時41分

歌にもあるようになんじゃらほい!!
 良い所が多いみたいですね??

三億円正夢に?・
当たったらいの一番に飛んでいきますからね!!
一眼レフでも買って貰いたいな~~~??アハハハハ!!

投稿: とん子 | 2010年7月23日 (金) 02時35分

とんちゃんさま
妻籠は今日アップの予定です

木曽路の女>んんんっ、同窓会で20人中12人が女性
居たと言えば居た、いないと言えば・・・coldsweats02
3億入ったら、神戸家持ちでオフ会へご招待(オットーも?)happy01

投稿: OB神戸家 | 2010年7月23日 (金) 08時22分

とん子さま
一眼でも二眼でもOKですよ~happy01

投稿: OB神戸家 | 2010年7月23日 (金) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517549/48888866

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽の旅日記 ( 木曽福島街並 編):

« 木曽の旅日記 (興禅寺編) | トップページ | 木曽の旅日記 ( 妻籠宿 編) »